サイトメニュー

ボトックスのシワ改善効果

女医

表情ジワに要点

ボトックス注射を行うことで眉間や目尻のしわ、額のしわ、ほうれい線(鼻根部)を消してくれる効果があります。ボトックス注射の効果が高いとされているしわは一般的に表情じわであると言われています。表情じわは、癖などによって何度もしわができて、さらに深く刻まれてしまうという特徴があります。表情じわは表情の癖をなくせばある程度予防することができますが、癖はなかなか治るものではありません。ボトックス注射は、今あるしわをなくすだけでなく、しわが深くなるのを予防しますので、表情じわのような繰り返してできるしわに効果的です。また乾燥ジワと呼ばれる目元や目じりのしわ、額の横じわ、眉間の縦じわなどはボトックス注射ではなくヒアルロン酸やプラセンタ注射、グロスファクターなどが効果的です。またたるみジワと呼ばれる部分もほうれい線やマリオネットライン、ゴルゴライン、目元などの部位がありますが、これもボトックス注射ではなくヒアルロン酸注射、プラセンタ注射、ボトックスリフト、スプリングスレッドリフト、ウルトラVリフトなどが効果的です。ボトックス注射を行うことで気になる効果の持続性ですが、数ヶ月から1年程と言われていますが、個人差がありますので、1年以上もつ人もいるようです。ただ、全体的に半年を過ぎると効果が薄くなっていく傾向があります。ボトックス注射は、効果が弱まってきた時に追加して注射をすることができますが、前回注射をした日から数えて数ヶ月経っていなければ治療ができない場合があります。ボトックス注射はしわや小顔、多汗症や筋肉による痩身など、広く利用されていますが、できるだけ効果を長く続けさせるように、日頃の生活もしっかり注意しておかなければなりません。例えば、ボトックスは熱に弱いですので、施術後の3日程度は温まることは避けて頂き、サウナや汗をかくような激しい運動は避けるといいです。患部の筋肉を使わなければ、筋肉が萎縮し、追加でボトックス注射を受けたときに長持ちします。もし、このことを守らず、汗をかくような激しい運動をしてしまったりすることで副作用を感じる場合もあるので注意しましょう。副作用と言っても内出血などの軽い者の場合がほとんどですが、人によっては頭痛などの副作用を感じてしまうこともあります。しかし、これらの副作用は数日で解消されることが多いので安心しましょう。しかし、なかなか副作用が解消されないと言う場合には、早めに医師へ相談しましょう。