サイトメニュー

ボトックスの使い道

男女

ボトックスを注入し眉間や目尻のしわ、額のしわ、ほうれい線を消してくれますが、それ以外の使い道はあるのでしょうか。ボトックスを別利用ができるかどうか調べてみました。また、副作用についてもチェックしましょう。

詳しく見る

ボトックスのシワ改善効果

女医

アンチエイジング法の一つとして人気のあるボトックスですが、主にどのような部位で効果が望めるのかご存知ですか。またボトックスの持続性や副作用についても調べてみました。ボトックスを検討している方はぜひ見て下さい。

詳しく見る

カウンセリングで聞こう

女医

ボトックス注射を行う場合、どのようなクリニックを選択すれば良いか悩んでしまいますよね。さらに施術の費用もいくらくらいするのかもクリニックによって違うのでボトックス注射の相場や副作用の対処をしてくれるクリニックについて調べてみました。

詳しく見る

副作用や料金などを調べる

医者

ボトックスが出来る美容クリニックは多くあり、店舗を探す際にはインターネットを利用して専門のサイトを利用するようにしましょう。お得な割引サービスなどを利用することで費用を安く抑えることが出来ます。また、クリニックに通う前には副作用などについても理解しておく必要があります。

詳しく見る

基本知識を知る

カウンセリング

ボトックスの効果

ボトックスとは重症の食中毒を引き起こす原因となるボツリヌス菌。この菌は「ボツリヌストキシン」という毒素を出すことで呼吸筋に影響を及ぼし、人間を死に至らしめる力を持ったものです。ボトックスとは、ボツリヌス菌A毒素を製剤化したものでアンチエイジング法の一つとして人気が出ています。ボトックスとは、一般にはシワを治療するのに有効な方法として知られているものです。また、エラの突出を目立たなくする効果など、シワ治療以外にもさまざまな効果があるとされています。医療では眼瞼けいれんの治療や、多汗症の治療、脳性麻痺の歩行障害などの治療にも用いられます。ボトックスは1970年代から眼科、神経内科において、顔面チックや斜視、斜頚など、筋肉の活動亢進から起こる多くの疾患に用いられており、日本でも眼瞼痙攣の治療薬として、1997年4月から厚生労働省の認可を受けており、その安全性はすでに確立されています。美容治療に応用され始めたのは1980年代後半からで、2002年にはしわ治療薬として米FDA(米食品医薬品局)認可を受けました。他にカナダなどの5ヶ国で承認済みであり、フランスでも承認される見通しです。美容治療の目的で、約70ヶ国で使用されており、最近では、その手軽さから爆発的な人気を集めています。また近年、多汗症の治療など他の様々な医療への応用の可能性が注目され、世界中で研究が続けられています。ボトックスとはシワ改善効果のある薬ですが、どのようなシワにも効果的かというと、残念ながらそういうわけではないようです。ボトックスが効果的なシワは「表情ジワ」と呼ばれるもので、代表的なものとしては目尻の笑いジワや額の横ジワ、眉間のシワなどがあります。さらにメスを使わずにできる効果的な治療法として広く認知されているものです。施術に要する時間は短いので空き時間などにすることも可能ですが、注射する量や注射箇所などは慎重に検討する必要があり、経験豊富なドクターを選んだほうが良いとされています。

注入後のデメリット

ボトックスのデメリットとしては効果を維持するためには定期的に打たなければいけません。ボトックスは、筋肉を動かすための神経伝達物質アセチルコリンの放出を止め、表情ジワの表情筋が動きにくくリラックスした状態を作ります。ただ、ボトックス注射後3ヶ月くらい経つと、神経から新しい運動神経の側副枝が伸びるため、新しくアセチルコリンの放出がはじまります。そのためボトックスは、年に2回から6回程度注射をつづけることが必要と成ります。よって、費用・心身の両面で負担と成る場合も有ります。ボトックス注射はドクターの技量によって結果が大きく左右されるので、治療を受ける際には十分に注意が必要です。ボトックスは顔にある「表情筋」を緩めることで、過度の神経伝達物質を抑制してシワを取る治療です。この表情筋は首から上に30以上もあります。表情筋は読んで字のごとく顔の表情をつかさどる筋肉なので、少しでも注入の場所や量を間違えると表情の喪失や形態の変化など、大変な症状を引き起こしてしまうのです。 そのためボトックス注射を行うドクターには、それぞれの機能(起始と停止)を解剖学的にしっかりと理解していることはもちろん、「表情の使い方」「過剰皮膚の量」「皮膚の質」など、様々な点を考慮して注入を行うことが求められるのです。そうでなければ、相互の作用によって思わぬ結果(失敗)を招いてしまいます。 ボトックスを未熟な技術と知識しかもたないドクターが治療を行うと、上記のような合併症を引き起こすリスクもあります。このような失敗が起こってしまった場合、経過観察でボトックスが消えるのを待つしか方法がありません。ボトックスは通常半年程度で効果が切れ、注入前の状態へ戻るからです。しかしあまりにもひどくてなんとかしたいという方はクリニックによってボトックスの失敗を改善する治療も行っています。ただしこれも、ボトックスの注入箇所や失敗の度合いによっては「ある程度元の状態へと近づけられる可能性がある」という程度のものになります。一度注入してしまったボトックスを後から修正することは非常に困難なので、まずは失敗の少ない確かな技術と経験を持つドクターに施術を行ってもらうことが最も重要となります。また、副作用が気になるという人も多いでしょう。ボトックスは、一般的には副作用を感じる人が少ない美容治療です。しかし、まれに頭痛が生じたり、表情に違和感が出てしまったりということがあります。しかし、ドクター選びを誤らなければ、副作用を避けることが出来るはずです。なので、副作用が気になる人は、信頼できるクリニックで治療を受けましょう。

人気記事

男女

ボトックスの使い道

ボトックスを注入し眉間や目尻のしわ、額のしわ、ほうれい線を消してくれますが、それ以外の使い道はあるのでしょうか。ボトックスを別利用ができるかどうか調べてみました。また、副作用についてもチェックしましょう。

詳しく見る

女医

ボトックスのシワ改善効果

アンチエイジング法の一つとして人気のあるボトックスですが、主にどのような部位で効果が望めるのかご存知ですか。またボトックスの持続性や副作用についても調べてみました。ボトックスを検討している方はぜひ見て下さい。

詳しく見る

女医

カウンセリングで聞こう

ボトックス注射を行う場合、どのようなクリニックを選択すれば良いか悩んでしまいますよね。さらに施術の費用もいくらくらいするのかもクリニックによって違うのでボトックス注射の相場や副作用の対処をしてくれるクリニックについて調べてみました。

詳しく見る

医者

副作用や料金などを調べる

ボトックスが出来る美容クリニックは多くあり、店舗を探す際にはインターネットを利用して専門のサイトを利用するようにしましょう。お得な割引サービスなどを利用することで費用を安く抑えることが出来ます。また、クリニックに通う前には副作用などについても理解しておく必要があります。

詳しく見る